サロン売却のコツやポイントがわかる「サロセル」
サロン売却のコツやポイントがわかる「サロセル」 » 美容室が潰れる前兆とは?そうなる前にしておくべき対策やポイント » 赤字から脱却したい美容室(サロン)ができること

赤字から脱却したい美容室(サロン)ができること

目次

美容室(サロン)が
赤字になる原因

実は、経営が悪化している美容室には共通している原因があります。1つ目は売上を上げるための集客方法が悪いという点。そして2つ目は、家賃や光熱費などの必要経費が高いということです。

いくら開業資金にゆとりがあったとしても、それは一時的なもの。赤字経営を改善するためには、収入(売上)よりも支出の方が多くならないようにしなければなりません。赤字を避けるためには、毎月の売上をアップさせることはもちろん、業務内容も改善する必要があります。

美容室(サロン)の
赤字脱却のための方法

効果的な宣伝方法を探す

売上を伸ばすには、集客に直結する適切な宣伝方法を行うことが大事。サロンの開業時にターゲットとなる客層を決めているはずなので、そこに適した宣伝方法を取り入れることが集客アップに繋がります。

ホームページの開設だけでなく、複数の媒体を利用して様々な宣伝方法を試してみるのもいいでしょう。実際の反響や来客数、売上などをデータ化して比較してみると、ターゲットに適した宣伝方法を把握しやすくなります。

ネット予約サイトを
利用できるようにする

ネット予約サイトは、これからの美容室経営には欠かせないツールです。電話予約だけでなく、思い立った時にいつでも予約可能なネットの予約サイトを活用することで集客もしやすくなります。

他にも、LINEやメールから予約できるシステムもあります。これらのツールは顧客がスマホなどから24時間好きな時に予約でき、集客率上昇に繋がるため、美容業界では主流となりつつあります。

メニューを見直す

ターゲット層の需要に適した施術メニューを用意しておくことも大切です。限定メニューなどを設け、特別感を出すのも様々な顧客の目に留まりやすく効果的です。

ただし、メニューを増やしすぎてしまうと顧客がどれを選べば良いのか分からなくなり、反対に利用しづらくなる恐れもあるので、シンプルで分かりやすいメニュー作りを心掛けるようにしましょう。

客単価を見直す

リピート顧客や来店者数が増加しても、客単価が低すぎると売上に結びつきません。ただ価格帯を見直すだけでは施術料金が高くなってしまったと思われ、他のお店へ流れてしまいます。

そのため、付加価値の高いサービスの提供や、オリジナリティのあるメニューを開発するなど他店との差別化を図ることが大切です。

接客方法を見直す

顧客満足度を高めるサービスがリピート客を増やすポイント。忙しくてつい接客が雑になってしまったり、予約しているのに待ち時間が長引いてしまうと、顧客の満足度も下がってしまい、次回の来店につながりません。

どんな状況でもお客様を不快にさせない質の高い接客ができるように、基本的な対応に関して全スタッフが共通の意識を持って取り組めるよう、マニュアル化などをしておくと安心です。

固定費を見直す

席数が限られているため、どうしても1日に施術できる人数には限度があります。そのため、収益を上げるために直ぐに実践しやすいことは毎月必ず発生している固定費を見直すこと。

まず、費用がかかるサービスなどは支出に見合った収益が得られているか、設備機器に関しても本当に必要なものなのかよく検討し、無駄な固定費を減らしていくことが収益を増やすための秘訣です。

スタッフの定着率を上げる

スタッフの入れ替わりが激しいと、コミュニケーションが取りづらく職場環境が悪化しやすくなりがちです。

また、スタッフのモチベーションや接客対応にも影響を及ぼすため、働きやすい環境はもちろん、仕事のやりがいとなる指標や教育する過程をシステム化しておくことが必要です。ランク分けして実力を視覚化させたり、定期的に個人面談などを実施したりしてスタッフの精神面もケアしていけるようにしておきましょう。

それでも美容室(サロン)の
売り上げが上がらないなら
サロン売却を検討してみては

経営が難しくなった際には、閉店も頭をよぎりますが、近年はM&Aや居抜き売却など売却方法が多様化されたことで、ニーズに合わせて様々な売却方法があります。

サロンは設備や電気工事などが他の業種と異なるため、美容業界やサロンの売却に精通しているサービスに依頼するのが成功の秘訣。器具の買取や在庫品の回収なども請け負ってくれる場合もあるので、まず一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

従業員の引継ぎがない方は、退店費用や期間も節約できる居抜き売却がおすすめ。

おすすめの
サロン居抜き売却サイト3選

自ら含め従業員の引継ぎがある方は、事業を譲渡するM&Aがおすすめ。

【PR】
M&Aの成約率が高まる
サロン特化のM&Aサイトとは

よく見られている他のページ

 
【居抜き売却に対応】
買い手が見つかりやすい
サイト3選
より成約に近づく、居抜き売却に対応しており会員数の明記がある3サイトをピックアップ。成約までのニーズに合わせて、それぞれおすすめのサイトをご紹介します。
適正価格で確実に売却したい
サロンに精通した
豊富な顧客基盤から買い手を提案
サロン不動産ネット(株式会社BGパートナーズ)
サロン不動産ネット(株式会社BGパートナーズ)
引用元:サロン不動産ネット公式HP
(https://www.salonfudousan.net/ )
特徴

美容業界の居抜き売却に特化しており、豊富な実績をもとにサロンの価値を適正価格で評価。大手グループの顧客基盤を利用して売却できる。

手間をかけずに売却したい
マッチングした不動産会社が
買い手探しや交渉まで対応
テンポスマート(ホクトシステム株式会社)
テンポスマート(ホクトシステム株式会社)
引用元:ホクトシステム株式会社公式HP
(https://www.temposmart.jp/)
特徴

不動産会社が間に入り買い手探しから成約まで代理物件所有者や買い手のサポートも対応してくれるので、スムーズに売却できる。

異業種間の譲渡にも対応
カフェや居酒屋など
様々な業種の中から買い手が見つかる
店舗そのままオークション(株式会社M&Aオークション)
店舗そのままオークション(株式会社M&Aオークション)
引用元:株式会社M&Aオークション公式HP
(https://www.sonomama.net/)
特徴

飲食店や事務所など多業種を取り扱い。異業種間の譲渡にも対応しているので幅広い業界からも買い手が見つかる。

※選出基準※
  2022年8月26日時点、Googleで「サロン売却」「サロン居抜き売却」と検索して出てきたサロン売却に対応している20サイトの中から、買い手の見つかりやすさにつながる「登録会員数」の記載があるサイトは3サイトのみでした。それぞれの特徴をニーズ別に分けて紹介しています。